よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

ビジネスと心理学を中心に気になった事をどんどん発信していきます。

会社を辞めた後に辞めた理由を冷静に分析してみた。

ビジネス

スポンサードリンク

f:id:yoshihiroakai10:20160705104503j:plain

どうもよつぶです。6月末で脱サラしました!!

大学卒業して約1年と8ヶ月のサラリーマン生活は短いようですが、僕には結構長く感じられましたね。

 

辞めて既に5日経ちますが、今になって冷静に辞めた理由を分析してみようと思います。会社に辞めるって言った時は結構勢いで言った感があって、諸々理由を後付けしていたような気がするので(良くないですね笑)。

 

 

辞めた理由1:やりたい事が見つかったから

f:id:yoshihiroakai10:20160705104753j:plain

これはかなり大きいですね。辞めた理由の半分以上を占めていると思います。

 

元々サラリーマンになる前に、いずれは起業したいから長くは続けるつもりではなく、やりたい事が見つかるまでは修行しようと言った感じで会社に入社していました。

 

 1年目では仕事を覚えるのに精一杯で、ほとんどやりたい事は見つからなかったのですが、2年目からそろそろだなと、考えるようになり、今年の5月にGWで北海道の地元に帰った時に、やっぱり自分は田舎や地元が好きでそこに関われる事がしたい!って思って何が出来るか考え始めました。

 

そこで、地方ならどこでも問題となっている人材不足(物理的な人数もそうだし、優秀な人材も)を解決できるソリューション事業をやろうと思い、具体的な計画プランはまだ決まっていないのですが、気付いたらGW開けすぐに会社に辞める意思を伝えていました。

 

今思うと、地元や田舎に可能性を感じ、課題はたくさんありそうって理由で勢いで辞めた感はすごくありますね。ただ、たまには勢いで大事な決断をするのもいいのかなと、人生をギャンブルだと思っている僕は全然後悔していないです(笑)。

 

 

辞めた理由2:残業しんどい

f:id:yoshihiroakai10:20160705162337j:plain

 やっぱ会社員だと残業を避けられない場合が多いですよね。やり方次第では全く残業しないで定時に帰りながらも仕事は完璧にできる人もいるとは思いますが、僕はそれを目指して失敗した負け犬でした(泣)。

 

とは言っても、会社の他の同僚よりは少ない方で、月20〜40くらいでした。それでも1秒でも早く帰りたい僕としては、このままだとプライベートな時間も少ないし、新しいビジネスの準備をする時間もあんまり取れないなと思い、だったら辞めるのが一番だなと思いました。

 

今冷静に考えてみて、もし毎日定時上がり出来る状況だったらちょっとは辞める時期を伸ばしていたかもしれません。

 

まあなんにしても下の記事でも説明している通り、残業は良くないですね!!起業して従業員とか雇う事になったらなるだけ残業はしない会社にしたいです。

startup-yotsubu.hatenablog.com

 

 

辞めた理由3:仕事内容がつまらない 

f:id:yoshihiroakai10:20160705163428j:plain

 やっぱり楽しくない仕事って続けたいと思わないんですよね。「仕事なんてつまらないものだろ」っていう意見は恐らくあると思うし、それも間違っていないと思います。でも現に楽しい仕事もあるわけで、僕はつまらない仕事はやりたくないので、より楽しい仕事を求めて辞める決心をしました。

 

別に前の会社をディスっているわけではなくて、単純につまらない仕事を当たり前と思えないだけで、僕の性格の問題なのかなって思いました。続けられる人の中には楽しいって思ってる人もいるし、僕と同じでつまらないと思っている人もいると思いますが、単純に僕は我慢ができない人間だったんですね。でも我慢できないのも別に僕は全然いいと思います。

 

これからやるであろう地元や地方に関わる仕事は、1から自分でやらなければならないので、前の仕事よりも大変なのは確かですが、それでも自分の好きな事をやっているので、大変だけど楽しく出来る自信はかなりあります。

 

これもやっぱり考え方次第ですが、僕と同じ考え方の人であれば、つまらないから辞める、仕事に楽しさを求める等は批判を浴びやすいですが、それでも自分の考えを貫いて欲しいですね。

 

 

辞めた理由4:この先会社で学ぶ事に限界を感じた

f:id:yoshihiroakai10:20160705164331j:plain

これも割と大きいかもしれません。「1年半ちょっとで何がわかるっていうんだ!」って言われるかもしれませんが、会社での業務を通してインプットする量は明らかに少なくなっていて、むしろ家でブログ、ライティング、地方創生等を学ぶ方がインプット量が多く、時間が足りないとさえ思っていました。

 

今後の事を考えると、会社で学んでいる事よりも、家で勉強している事の方が明らかに役に立つ事が多いが、使える時間は会社の方が多い事に少しもったいないと思い、会社を辞める結論に至りました。

 

もちろんこれは人それぞれなので、環境によっては会社で学べる事もたくさんある人もいれば、ない人もいるので、1年半働けば十分と言っているわけではないです。

 

ただ、「まずは3年働く!」という考え方は主流ではありますが、必ずしも全ての人間に当てはまるわけではないので、状況を見て、時間を無駄にしないようにして欲しいなとは思います。逆に早く辞めすぎて後悔するのも気をつけなればですね!

 

 

辞めた理由5:貯金が少し貯まった&収入の目処が立った

f:id:yoshihiroakai10:20160707160920j:plain

最初に言いますが、貯金は大した額ではないです。。。(汗)

100万以上はありますが、それでも今後の事業とかを考えると全然足りないです。でもまあ今年はギリギリ持つかなと思ったので少しだけ安心はしています。

 

あとは、副業で少しだけランサーズをやっていて、ちょっと時間をかければまあまあな収入は得られるなと確信したのもあります。

 

それでも会社員の給料よりは少ないですが、記事を書いたり調べ物したりするのは勉強にもなるので、事業が成り立つまではランサーズで小さいながらも収益上げて行ければなと思っています。(日本語が苦手な僕には結構ハードルは高いですが...)

 

 

まとめ

以上僕が辞めた理由を5つ冷静に分析してみました。こうしてみると、まあ妥当だったんじゃないかなと現時点では思います。

 

月曜日に仕事に行く嫌な気分もないですし、旅行帰りの鬱さも軽減されてます。何より、先の事考えると色々なアイデアが浮かんできて楽しくてしょうがないです。

 

でもまあ、数ヶ月やってみないと本当に正しかったのかはわからないので、数ヶ月後にまた改めて分析し直せたらなーと思います。忘れてなければまた数ヶ月後に似たような記事を書きます!!