よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

北海道の田舎町で活動する起業家が気になることをどんどん発信していきます!

留学先、海外旅行先での行動は出川を見習うべき!


スポンサードリンク

f:id:yoshihiroakai10:20160823145627j:plain

 

こんにちは、よつぶです!

最近暑いですね。北海道もこの時期は意外と暑いです。特に実家にはエアコンがないのでうちわでしのぐしかなく大変です。

 

さて今回はイッテQを見ていて思ったんですが、外国での出川の行動がめっちゃカッコいいんです!

 

出川はテレビで見るとバカキャラで英語も全然わからない感じに見えますよね?英語が全然できないのは事実なんですが、それでもなんとか外国の人と通じてしまう出川の姿勢がものすごくカッコいいなと、何個か前の「出川の初めてのお使い」みたいなコーナーを見てて思いました。

 

 

英語力が無くてもどんどん自分から喋る 

大抵の日本人って少し英語知っているくらいじゃあんまり自分から喋ろうとしませんよね?僕も留学したばっかりの時は英語なんて喋れなかったので、基本的には受け身な姿勢ばっかりでした。

 

よく街中で外国人に英語で話しかけられて「I can't speak English」って言ってる日本人いますね。あれ外国人からしたら、それを話せてる時点で英語話せてるんですよね。ただ、すらすら話せる自信がないからついつい逃げてしまう日本人の悪い所だと思います。

 

でも出川は違います。彼は英語力が一般の人以下なのに自信満々にどんどん自分から喋りかけます。

 

www.youtube.com

 

このビデオでわかる通り、お互いに全然通じてません。それでもめげずにどんどん自分から話しあって、最終的には通じあえる出川はすごいと思います。

 

普通の日本人なら外国でこんなにどんどん話しかけられる人はいないと思います。こんなに相手に同じ事言わせたら悪いなって思って引いちゃう人がいるのに気にせず話しかけるのは強いなーって感じざるをえないです。

 

でもこれは英語の取得にはものすごい必要な能力で、留学先でこれができる人は英語の取得も相当早いです。自分からどんどん話しかけられる人は必然的にたくさん会話をしますし、たくさん会話をすればそれだけ英語の勉強になります。

 

そして自分からどんどん飛び込んでいける人は友達もできやすいので、毎日友達と英語を話して楽しみながら英語を上達できます。

 

英語を勉強している人はまだまだ会話が詰まるようでも、どんどん話しかけられるようになれば上達スピードもアップするので試してほしいです。

 

 

通じなくてもジェスチャーと知ってる英語でなんとかする

出川の凄いところは低い英語力でどんどん話しかけるだけでなく、最終的にはなんとか通じあえる所です。

 

出川の話す英語は日本語混じりで文法なんかもめちゃくちゃですが、身振り手振りで自分の知ってる英単語を全部使い、なんとか会話を成立させる事ができます。

 

上のビデオでもわかるように、宇宙の事を「アース」(地球)と最初は言ってるのに最終的には必要な「スペース」(宇宙)という単語に辿りついています。

 

このように、出川は少しだけの英語とジェスチャーがあれば、人間はわかりあえる事を証明しています。

 

英語を学ぶ上で最初のうちは英語力も自信もないので中々こっちの意図が通じなかったり、あっちの言いたい事がわからない事は多々あると思います。でもそこで諦めたりすると成長が止まってしまうので、出川のようにジェスチャーと知ってる英単語を駆使して通じ合えるまで頑張れば大きく成長できると思います。

 

 

まとめ

出川はテレビではバカ芸人として面白くバカにされている事がほとんどですが、海外での出川の行動は見習うべき所がたくさんあると思います。

 

普通の日本人では萎縮してしまう状況でも自信を持ってどんどん英語で話しかけていく姿は留学経験者の僕でも普通にすごいと思います。

 

やっぱり何に対しても自分に自信を持つのは大事です。場所が外国で相手が外国人でも、自信を持って話せるかどうかで自分の成長は決まってくるんじゃないかと思います。

 

僕ももっと人と接する時は自信を持って話さないとなーと実感しました。

 

これから英語を学んでいく人は是非とも自信を持って、自分から積極的に話をして行ってほしいです。