よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

ビジネスと心理学を中心に気になった事をどんどん発信していきます。

人付き合いって難しい… 

ライフスタイル

スポンサードリンク


Drinks

 

どうも、よつぶです。

最近この歳になって少しづつ人付き合いの大変さを実感してきました。

 

僕は海外に長くいたせいもあってか、かなりドライな性格なので、無理をしてまで空気を読むことは好きではありません。

 

でも、時には無理をしても合わせることでビジネスや友情への悪影響をなくすことも大事なのかなーて最近は思います。

 

それでもやっぱり他人に合わせるのは好きではないなと思います。何が正しいのかはわからない難しい問題ですね。

 

ということで、人付き合いで悩んだことを4つ紹介していきたいと思います。共感してくれたり、意見やアドバイスをしてくれれば嬉しいです。

 

 

 

一緒にできない友達グループ

これは最近ではなく、高校生くらいから思っていたことなんですが、仲良くしている2人の友達またはグループがあって、同じ日に誘われた場合、どっちかを選ばなければいけないというジレンマです。

 

個人的には、「どっちも一緒に遊べばみんなハッピーじゃん?」って思うのですが、「あの人いるなら行かない」とかっていう人意外と多いんですよ。

 

僕は基本的には友達の好き嫌いはそんなにないので、誰がいても行かないみたいにはならないので不思議です。

 

 

お誘いの断り

人は誰しも都合があるので、飲みや遊びの誘いを断ることってありますよね?誘う側からすると断られるとちょっと残念ですよね?

 

そして断るのも少し嫌な感じがします(少なくとも僕は)。でも状況によっては断らなければいけない時があり、連続で断らなければいけない時もあります。

 

特に今の僕は個人事業主なので、ある意味いつ仕事もしてもいいので、仕事だからって理由で断りづらいんです。でも忙しい時はもちろん断りますけど、「ノリ悪いな」って思われてこの先誘われなくなるのも辛いです。

 

なので、いつも仕事ある時に誘われるとすごく悩みます。何が正解なんでしょうね。行って後悔することもあるし、行かなくて後悔することもあるので。

 

 

お酒の付き合い

これはグループによって異なるんですが、僕の地元や海外だと割と多かったです。東京ではあまりないケースでした。

 

お酒のペースをみんなで合わせたり、一気コールかけてガンガン飲んだりするやつです。若い頃はよくやってたし、たまにこうゆう激しい飲み方も楽しいのですが、僕は酒が弱い方なのでどうにも辛い時もあります。

 

でもそうゆう場でちょびちょび飲んでると言われるし空気悪くなる場合もあります。難しい所ですね。たまにならいんですけど頻繁に続くとね。。。二日酔いになったら次の日潰すのでめっちゃ辛いです。

 

多分、「そんな他人に飲みを強制する人とは付き合うな」みたいな意見はあると思うんですが、それでも昔からの友達や、飲みの席以外は良いやつだったりと、中々それだけで縁を切れないんですね。

 

まあ僕も本当に嫌な時は拒否したり帰ったりしますけどね。でもやっぱり、ある程度飲めなさそうな人には気使って飲ませないようにする優しさは必要ですね。ノリと勢いだけじゃこの歳では辛いだけですからね。

 

帰るタイミング

飲みに行くと帰るタイミングに非常に困ります。 年末やお盆などに久々に地元の友達と遊ぶなどであれば、別に朝まで飲むのは苦ではありません。

 

でも、普通の平日なんかに朝まで飲むのは、次の日の仕事にも影響が出るので頻繁にはやりたくないです。

 

それでも場合によっては、早く帰ろうとすると「ノリ悪い」みたいな言い方されたりするので、中々帰れない人も多いと思います。

 

僕はなんと言われても帰る時は帰るんですが、それでもそんな言い方されると気持ち良いわけないですよね。

 

誰にでも事情があるんだから、残るのを強制したり、悪い空気を作るのはよくないですね。

 

まとめ

人付き合いって本当に難しいですよね。仲の良い1人や2人だけと付き合っていれば楽かもしれませんが、僕は色々な人と仲良くしていきたいので悩む時もまああります。

 

僕も昔似たようなことをしていた時もあったんで、強く否定はできないんですが、やっぱり自分の価値観を人に押し付けるのは良くないと思います。