よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

北海道の田舎町で活動する起業家が気になることをどんどん発信していきます!

ドナルド・トランプ次期アメリカ大統領の経済介入は悪いことなのか?


スポンサードリンク

Donald Trump

 

どうも、よつぶです。

 

最近オバマさんが辞任会見をして、トランプ次期大統領の経済介入の件がすごく話題になっていますよね。

 

www.nikkei.com

 

メディアでは、トランプ次期大統領がトヨタに直々にツイッターでメキシコの工場建設はありえないと脅して、トヨタが今後相当額をアメリカに投資すると返してみたいになっています。

 

この投資は元々決まっていたものかもしれないので、必ずしもトランプ氏に対応する形で仕方なくやったかどうかはわかりません。

 

それでもメディアはやっぱりトランプ氏を批判するような報じ方が多いですね。今回はそんなアメリカ大統領の経済介入について考えていきたいと思います。

 

 

そもそも経済介入なのかどうか

Twitter

 

今回のトランプ氏の件ですが、実際に経済介入になるんでしょうか?というのも、トランプ氏は外交で何かをやった訳ではなく、Twitterでただ呟いただけなんです

 

その行動だけ見ると、「ただのトランプ氏の意見や感想じゃん」って思ってしまいます。なので、今回の件を経済介入ではないと言った考え方も十分にはできると思います。

 

ただし、問題はそのツイートによって招かれた結果です。上の日経新聞にも載っていますが、トランプ氏のツイートによって多くの会社(アメリカ国内の会社も)が事業計画を変えようとしています。

※まだ完全に変えた訳ではありません。

 

そして、トヨタもメディアの報じ方によると、多額の出資をさせられてると言われています。まあこれも真相はわからないんですけどね。

 

でも、もし今後トランプ氏のツイートが実際に会社の経営方針や事業内容を変えたりした場合、それは経済介入と言っても過言ではないでしょう。

 

外交ではないにしろ、直接的に経営に左右するようなことをしているわけですからね。

でも、見方を変えるとトランプ氏はツイッターを上手く使ってアメリカにプラスになることをしているわけですから頭が良いですよね笑

 

経済介入は悪いことなのか

_MG_7068-01.jpg

 

では次に、大統領や政府が経済に介入することが悪いことなのかどうかについて考えてみたいと思います。

 

「政府は経済界に口を挟まず、会社同士で自由に競争すればいい」と言う声も結構あります。 確かに折角自由競争で勝ち上がってきた会社が政府の口出しのせいで業績下げられたりしたらたまったもんじゃないですよね。

 

でも、今回トランプ次期大統領の経済介入が話題になりましたが、政府の経済介入って色々な形ですでにやられてますよね?

 

例えば外国と商売をする貿易では国同士で様々な協定が結ばれています。貿易会社はその協定内容に沿って商売をしないといけません。

 

TPPなんかも商売人や生産者を無視して政府が勝手に推し進めていますよね?TPPによって経済は良くも悪くもなります。これは完全な経済介入と思いますけどね。

 

今回トランプ氏は目に見えてわかりやすい形で介入と呼ばれる行為をしましたが、間接的な介入はすでにたくさんやっているわけで、今更悪いとは言えないんじゃないでしょうか。

 

そもそも外国相手に商売をするのなら、その国の政府とも上手くやっていく必要はあります。その点ソフトバンクの孫さんとかはすごく上手くやっていると思います。

 

なので僕は政府が経済に介入することはむしろ当たり前だと思います。じゃないと力の弱い国は簡単に他国の強い会社に乗っ取られてしまいます。

 

今後の日本経済

Athabasca oil sands digger

 

とまあ、トランプ次期大統領と経済介入について話してきましたが、今後トランプ氏が本格的に大統領として動いてくると日本にはどのような影響があるのか少し考えてみようと思います。

 

トランプ氏はまず最初に「アメリカ経済を良くする」 と言っています。実際彼も優秀なビジネスマンで富を築いてきたわけですから、そこんとこの才能はあると思います。

 

なので、多少強引なやり方かもしれませんが、アメリカの経済は少なからず良くはなると思います。

 

そして、アメリカの経済が良くなれば、アメリカと密接に接している日本経済も良くなるはずです。トヨタの投資とかだけ見れば、悪影響のように思えますが、あれも実際投資によってトヨタはプラスになる可能性もあります。投資が成功するかもしれないし、投資によりアメリカでも知名度やPRにも繋がります。

 

そして、アメリカは今後恐らくシェールオイルなどの天然資源を本格的に販売して行くと思われるので、ガソリンの価格は安くなるでしょう。今でも十分安いのにさらに安くなると言うことは、輸送などに携わる人たちにとってはかなりチャンスと言えます。

 

僕も今後貿易をやっていこうと思っているので、ガソリンが安くなって輸送費が安くなればかなり嬉しいです。

 

なので、全体的に見ても、トランプ氏は日本経済に良い影響を与えてくれるんではないかと言うのが僕の見解です。少なくとも一時的には。

 

まとめ

トランプ氏は今世界中から注目されています。だって今までの大統領がやらなかったことをどんどんやってきているわけですから。少し言葉が悪かったり、強引だったりするから避難はかなり浴びていますが、メディアが誇張しすぎている部分もあると思います。

 

アメリカは今まで大統領を変えても国の状況はあまり変わりませんでした。日本もそうですが、国の状況を変えるには今までの普通の政府のトップでは変わらないんじゃないでしょうか。

 

ある意味トランプ氏のような異質な大統領だからこそ国は変わるのかもしれないですね。今後のアメリカの変貌に期待です。

 

 

 

こちらもどうぞ。

ドナルド・トランプ新大統領の当選は色々な所で予測されていた!? 

テレビでは報道されないドナルド・トランプ新アメリカ大統領の真実