よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

北海道の田舎町で活動する起業家が気になることをどんどん発信していきます!

評価は直接ではなく間接的に!ウィンザー効果を利用してビジネスで勝とう!


スポンサードリンク

f:id:yoshihiroakai10:20170330231948j:plain

 

どうも、心理学大好きなよつぶです。

 

皆さん自社商品や自分自身の評価ってどうやってあげていますか?どうやって商品や自分を売り出していますか?

もしかして、自分で直接お客さんにアピールしまくっていませんか?

実は評価は直接よりも関節的にPRする方が効果があるんです。

 

今日はそんな心理学では"ウィンザー効果"と呼ばれている人間の心理現象について話していこうと思います。

 

 

ウィンザー効果とは

心理学の世界では有名な心理現象であるウィンザー効果とは、人間が情報を本人から直接言われるよりも、第三者から関節的に言われた方が信憑性が増すという現象です。 

 

例えば、AさんがBさんに自分から「俺は良い人だよ」って言ってもBさんは「何この人?」ってなりますよね?

でもCさんがBさんに「Aさんって良い人なんだよ」って言うと直接言われるよりも納得しやすいです。

 

人間は物や人を評価するときに、本人から直接PRされるよりも、他の誰かによって聞かされる方が信頼しやすいんです。

 

物を売るときはレビューを活用

f:id:yoshihiroakai10:20170330232049j:plain

 

このウィンザー効果という心理学的現象を上手く使っているのが食べログやヤフオク、amazonなどのメディアです。

 

食べログは、実際に食べた第三者の口コミを大いに利用しています。お店が直接PRするのではなく、他人が評価した星や感想を見て行く場所を選んでいます。

 

同じくヤフオクやamazonなどのネットショッピングも、商品やお店のレビューを見て買うものを選んだりしています。

 

このように、お店が直接チラシやHPでPRするよりも、実際に利用した第三者のお客さんがレビューすることによって信憑性が上がっているのです。 

 

知名度を上げたい時は噂を活用

f:id:yoshihiroakai10:20170330232112p:plain

 

ウィンザー効果は商売だけでなく、幅広い分野で活用できます。例えば、自分や商品の知名度を上げたい場合は、直接自分でPRするのではなく、噂を上手く使うのです。

 

噂も第三者が本人がいない場で話すことなので相当信憑性が高いのです。これは良い噂も悪い噂も同じく広まった時は本人が否定しても中々信じてもらえないものです。

 

悪い噂はマイナスでしかないですが、この噂を上手く使えれば自分や自社商品の知名度をぐんとあげることができます。

 

実際に、サクラを使って噂を流したりしている政治家やビジネスマンはたくさんいます。

 

この噂の効果は僕らが思っているよりも絶大で、噂によって人生が転落したり、上がったりする人がたくさんいるのです。注意が必要ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。心理学ではかなり有名なウィンザー効果という心理現象は、良くも悪くも我々にはかなり身近で影響力の高いものです。

 

今後自分や自分の店、商品などをアピールしていきたい人は是非上手くウィンザー効果を使ってPRしていって下さい。

 

僕も上手く使って今の会社や事業を発展させて行けたらと思います。とりあえず会社の良い噂を流そうかな(笑)

 

 

こちらもどうぞ。

レッテル貼りに気をつけろ!人格を社会(周りの環境)に作られると説明するラベリング理論について 

多数派に賛同してしまう社会心理行為"同調"とは