よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

ビジネスと心理学を中心に気になった事をどんどん発信していきます。

海外留学で最初の1ヶ月を乗り切る方法:ニュージーランド高校留学体験談

留学

スポンサードリンク

NZ

 

どうも、高校から海外に行き、合計8年間留学していたよつぶです。

せっかく長い間留学していたので、その体験を少し共有したいと思います。

 

では早速、僕が高校から留学したニュージーランドの体験談と、それを元にどうすれば最初の一ヶ月を無事に乗り越え、充実した留学生活を送れるのかを話して行きたいと思います。

 

 

留学の事前準備

Studying

 

僕は高校1年からニュージーランドに留学をしましたが、事前に英語やニュージーランドについての勉強を一切しないで、「行けば英語も自然に覚えるからなんとかなる!」と思って行きました。

 

結果、これはかなり大失敗でした。

中学時代は英語が得意だったのですが、所詮日本の中学レベルの英語は本場では全く通用しませんでした。

 

なので、行って間もない頃は、ホームステイ先のファミリーと会話もままならず、友達も作れず、授業もついていけず、かなりつらい思いをしました。

 

これから留学(特に高校留学)をしようと思っている人は、事前に日常英会話の勉強をなるべきしていくことを強くお勧めします。

 

英語の勉強方法については、英会話に行ったり、オンライン教材を使ったりするのが効果的です。

 

オススメの本は、香取慎吾が昔宣伝していたベラベラブックです。僕もこれに大変助けられました。シチュエーション毎にフレーズがたくさん載っているので、丸暗記すればすぐ使えます。意外と通じるし、通じると覚えるのでこれは便利でした。

 

お金をあまりかけたくない人は、海外映画やドラマをとにかく見まくるのも手です。しっかりと単語や文章を聞いて理解することにより耳も慣れてきますし、単語力も付きます。

 

海外の映画やドラマでオススメなので上記の2つです。プリズンブレイクはとにかく内容が面白いので英語が理解できなくても楽しめちゃいます。

 

TEDは英語が非常に聴きやすく、若い人がよく使うスラングも多く含まれるので、かなり実践向きの英語を覚えられます。

 

やはり、最初は英語が全然できないと会話ができずにすごくつらい思いをしてしまうので、少しでも最初から会話が成立できれば、通じる楽しさを覚えて英語力は急成長していきます。

 

さらに、留学する前に現地の情報を事前に調査しておくことを お勧めします。

 

具体的に留学で滞在する先がどんな所かわかっていて、周りに何があるかも調べていたら、休日にどこかに遊びにいけますし、現地の人と話すトピックの一つにもなります。

 

特に、趣味なんかをあっちでも続けたい人は、事前にどこでどうやってやれるのかを調べた方がスムーズに始められますし、向こうのコミュニティにも入りやすいです。

 

僕はサッカーをずっとやっていましたが、事前に何も調べていなかったので、ニュージーランドの高校のクラブに入るまでも結構苦労しました。

 

留学に持っていくべきもの

luggage

 

事前準備の次に大事になってくるのは、海外の留学先に持っていくものを選定することです。

 

僕はニュージーランドへ高校留学する時は、日本の留学カウンセラーから「勉強に集中できるよう、ノートとペン以外の不要なものは持っていかない方がいい」とアドバイスをも立ったので、それに従って行きました。

 

でもこれが大失敗でした。

 

何故かというと、昼間は学校に行っているからいいのですが、夜がめちゃめちゃ暇です。

 

高校留学をする前の僕は、夜は友達と遊んだり、ホストファミリーと仲良く団欒して英語を覚えていくという感じを想像していたのですが、実際学校以外で遊べる友達なんて英語も喋れない最初のうちはそう簡単にできません。ホストファミリーの団欒はファミリーによって完全に違う場合が多いです。

 

僕の場合は、一人暮らしのOLの家にホームステイしたのですが、ホストマザーは意外と家にいない場合が多く、いてもすぐ寝たりと想像していたよりも暇な時間帯が多かったです。なので、することと言えばテレビを見ることくらいでしたが、全然理解できないので、正直ただただつらかったです。

 

理想はそういう環境で必死に英語を覚えていければいいのですが、ホームシックでメンタルがつらいタイミングで楽しいことが何もないと正直しんどいです。

 

なので、僕は初めての留学には暇つぶしの本やゲーム、パソコンなどは持っていくことを強くお勧めします。特にパソコンは、勉強もできるし、現地の情報も調べられるし、暇つぶしにも最適なので一番お勧めです。

 

あとは、現地の人のお土産用に、日本のお菓子と文房具はかなりお勧めです。受けが超いいです。

 

留学先での体調管理

Pills

 

最後に、僕の高校留学の体験談からお伝えしたいことは、留学して最初のうちは体調管理を徹底した方が良いということです。

 

留学して最初のうちに病気になると、ホストに症状を伝えたり、病院に行くのも英語力がないので大変です。

 

僕は高校留学の最初の3日目で風邪を拗らせてしまい、数日間寝込みました。ホームシックにはなるし、体調も悪くて何もできないし、家ではやることが何もなくて、留学期間の中で一番辛い経験でした。普通に泣きました笑

 

なので、留学して最初のうちは、特にうがい、手洗い、防寒など徹底して過ごすことをお勧めします。

 

また、日本から薬なども多めに持って行った方がいいかもしれません。あっちでも薬は売っていますが、使い方がわからなかったり、効力が強すぎて胃が荒れたりと何かと不便です。

 

まとめ

僕の高校留学の体験談及び、留学生活の最初の一ヶ月を乗り切るアドバイスはいかがでしたでしょうか。

 

基本的に持ち物や事前準備の話になってしまいましたが、留学前に勉強はしっかりして、あっちに行ってからも気負いすぎず、プライベートもしっかり楽しいことをして英語を上達して行くのがベストでしょう。

 

その上で、やっぱり一番重要なのは、積極的な行動です。留学すると最初はみんなひとりぼっちなので、友達を作るにも、ホストファミリーと仲良くなるにも、現地に溶け込むにも積極的に行動して行くことが何よりも大切です。

 

友達が増えて、外で遊ぶようになり、色々なコミュニティやイベントに参加することによって英語も上達しますし、何より楽んで最初の一ヶ月を過ごせばホームシックも経験しないで済むかもしれません。

 

留学して最初のうちは誰しも英語が中々通じませんが、身振り手振りで自信満々に自分から発言していけば自然と英語も上達し、充実した留学生活を送れるでしょう。

 

 

こちらもどうぞ。

高校から単身で留学した理由!少しどうでもいいよつぶ留学記事。 

留学したら絶対するべき4つの事