よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

ビジネスと心理学を中心に気になった事をどんどん発信していきます。

ハロウィン後のゴミ掃除に批判をする人は終わっていると思う件

ライフスタイル

スポンサードリンク

f:id:yoshihiroakai10:20161018124211j:plain

出典:http://grapee.jp/107693

 

どうも、よつぶです。

 

前回書いたハロウィンの記事で問題点をいくつか指摘しましたが、ちょっと書ききれなかった事があったので今回新たに書いてみました。

急成長のハロウィン市場!都心部では盛り上がりを見せているが問題も多くある?! - よつブログ。

 

以前指摘した問題点の一つ、ハロウィン後のゴミ問題について、ネット上でゴミを片付けた若者達に批判が集まっているそうです。 

 

matome.naver.jp

 

 

若者がたくさんゴミ拾い

去年のハロウィンでは多くのゴミが渋谷や六本木の街中に残されたことがすごく問題視されていました。

 

それと同時に、そんなゴミを若者達が掃除する姿も注目されました。


 

芸能人も結構ゴミ拾いに参加していましたね!

 

ゴミを散らかしたのが若者なら片付けるのも若者なのはまあ確かになって思います。でも結局ゴミを散らかした人は知らんぷりで帰っていくし、掃除をしている人はゴミを散らかしていないんですよね。

 

ゴミを散らかしている人は他人に迷惑をかけていることを少しは自覚してほしいものです。 

 

若者は偽善者?

そんなゴミを拾っている人はSNSでゴミ拾いの参加者を募集して、自らのゴミ拾いの様子を多くアップしていました。

 

基本的には賞賛している人がほとんどでしたが、そんな中一部の人からは「ゴミを拾っている若者たちは偽善者だ」という批判もありました。

 

彼らの意見は、「わざわざゴミを拾っている画像をアップして、世間にアピールしてるあたりが本当に掃除をしたいんじゃなくて褒めてもらいたいからやってるんでしょ」ってことですね。

 

確かに去年は特にゴミ拾いをやっている画像をアップして他の人が褒めるって内容の SNSが目立っていました。ニュースや新聞などのメディアでも絶賛されていましたしね。

 

偽善者で何が悪い?

でもそれの何が悪いんでしょうか?彼らは確かに掃除そのものよりも、褒められることを目的としてやっていたかもしれません。

 

となるともしかしたら彼らは偽善者かもしれませんね。でも僕は偽善者でも「街を掃除する」といった結果を出しているんだからそれだけで十分じゃないでしょうか?

 

ゴミを散らかして帰る人は論外です。でもゴミ掃除をしないで、している人に批判を浴びせることしかできない人もゴミを散らかしている人と同じくらい論外です。

 

そもそも、ボランティアや募金なんかは基本的には偽善者がやるものだと僕は思います。みんなボランティアをしている自分が好きなんです。募金をする人は自分の名前を売るためにやっている人もたくさんいます。

 

でもそんな偽善者たちのおかげで助かっている人はたくさんいます。東日本大震災があった時は世界中からたくさんのボランティアが来ました。

 

ユニセフには毎年多くの募金があって、アフリカの子供たちが救われています。

 

そもそも、人は本当に心から他人のためを思って行動することはあるんでしょうか?僕はマザー・テレサ以外にそうゆうことができる人を知りません。人は必ずどこかに「自分のため」って気持ちがあると思います。

 

そう考えていると、偽善者だろうがなんだろうが、それで助かっている人がいるならそれでいいんじゃないでしょうか。

 

大事なのは「気持ち」よりも「行動」と「結果」だと思います。偽善者と言って批判しかできない腰抜けはまず自分で見本を見してみればいんじゃないかと思います。批判は何の解決にもなっていません。

 

批判が大好きな日本人

こうゆう若者の良い行動を踏みにじるような批判を見ると、本当に日本人は批判するのが大好きなんだなと思います。

 

東京都の小池都知事も言っていましたが、日本人は欠点を探して批判をするのが得意で大好きな人種だと思います。

 

芸能人がツイッターでちょっと変なことを言ったらすぐ批判の嵐。商品やサービスを提供している会社には毎日しょうもないクレームが舞い込んできます。

 

批判をすることである意味ストレス発散になっているような人は本当にかわいそうだなって思います。

 

もっと外国を見習って、スポーツや、ハイキング、旅行などのアウトドアや趣味など他人に迷惑をかけない方法でストレスを発散して行って欲しいです。

 

まとめ

ハロウィンのゴミ問題は大きな社会問題なのは間違いないです。でもそれを少しでも解決しようとして掃除する若者たちは偽善者だろうと何だろうと良いことをしていると僕は思います。

 

それを批判するような人は他にゴミ問題を解決できるような案を出したり実際に偽善じゃないゴミ掃除をやってみてから批判をしてほしいものです。

 

批判するだけじゃする側が満足して終わりなので、SNS上ではなく、うちわだけでやってくれればいいですよね。

 

今年のハロウィンはゴミ掃除もそうですが、そもそもゴミを散らかさない工夫ができれば去年よりももっと根本的な解決につながるんじゃないかと思います。