よつブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よつブログ。

北海道の田舎町で活動する起業家が気になることをどんどん発信していきます!

留学先で多く使った英単語ベスト3!


スポンサードリンク

School

 

どうも、よつぶです。

 

日本にすでに2年くらいいますが、ちょっと前までは僕はずっと海外にいました。最近忘れつつある英語を忘れないためにも、英語に関する記事を書いていこうと思います。

 

そこで、今回は留学先で最も多く僕が使った英単語を3つ紹介します。ぶっちゃけ記憶が頼りなので、今後ランキングが変わるかもしれませんが、現時点ではこれから紹介する3つですので、覚えておいても損はないと思います。

 

 

yea

まずは、超初級かもしれませんが、"yea"ですね。"yea"は"yes"と全く同じ意味で「はい」という意味です。

 

ただし、"yes"よりもフランクな感じなので、友達と話す時なんかは基本的には"yea"を多様します。"yes"はどちらかというとフォーマルな時に使う場合が多いです。

 

なので、これから留学する人は、"yes"ではなくて"yea"を最初から使ってみましょう!その方が親近感が湧きます。

 

"yea"は他にも"yup"や"yeah"と使われることもあります。全く同じフランクなイエスです。ただし、微妙に使うタイミングとかが違う場合があるので、そこは現地の人との会話から肌で覚えましょう!

 

maybe

次は悔しいですが、"maybe"ですね。意味は「多分」という意味で、"yes"とはっきり答えられない場合に使います。

 

これ日本人は本当に多く使うんです。でも本当は良くないんですよ。外国だとはっきりしない態度は嫌われちゃうので、「また多分なの?」とか「はっきりしてよ」って僕も結構言われました。

 

でも日本人は基本的に自信がなかったりするので、いつも"maybe"で答えてしまう場合が多いです。

 

さらに、質問がわからなくて知ったかで答える時に無難な"maybe"を使う人もすごく多いです。僕も恥ずかしながら、最初の頃は意味もわからないのに知ったかで"maybe"を使っていました。

 

でも、絶対に良くないので、知ったかはやめましょう。そして"maybe"は本当にまだはっきりしない時だけに使いましょう!

 

so

最後は"so"ですね。これは「だから」という意味です。

You gained weight, so you should go runnnig every morning!

 (あなたは体重が増えました。なので、毎朝ランニングに行くべきです。)

といった使い方をします。

 

フランクな会話でも非常に多く使われます。これから使いたい人は、自分でいくつか"so"を使ったフレーズを考えてみて、実践してみると、そのうち自然とつかえるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なんかかっこいい単語じゃなくてすみません。でも、現実はこんなもんなんじゃないでしょうか。

 

人それぞれ微妙に違うとは思いますが、僕は基本的なこの3つを多く使っていたので、これから留学する人、英語を覚えたい人はこの3つだけは最低限覚えておきましょう。

 

 

 

こちらもどうぞ。

留学先でよく使うスラングTOP3 

留学経験者あるある!いきなり「英語喋って」は結構辛い 

留学したら絶対するべき4つの事